著者は、保坂隆さん。

聖路加国際病院のリエゾンセンター長だった人です。

今は、別の方みたいなのでどこかに移動したか辞められたのでしょう。

がんでもなぜか長生きする人の「心」とは?

ここが一番知りたいことですよね。

ネタバレになるかもしれませんが、結局、

・何事も気にしない
・がんと戦わない
・ネガティブな感情におぼれない
・スピリチュアリティーがある
・がんを隠さない
・がんを知る
・死を受け入れる心を持つ

こういう人は、がんでも長生きするということです。

一言で言うと、

「がんを受け入れる」

ということです。

がんになって悩むのはがんを受け入れないで、嫌がってしまうからです。

これは、治すのをあきらめるのではなく、がんという病にかかったことを素直に受け止めて、がんを治すためにできることがあるならやるということです。

人はいずれ死んでしまいますが、死に対しどのような受け入れ方をするかで、どう生きれるかも決まるのかなと思います。

上記は、大腸がん啓発のシンボルマーク、ブルーリボンです。

http://www.cancerchannel.jp/posts/category/videoにがんcancerchannelというサイトがあり、ここでがんについての知識や情報を得られる動画が無料で見れます。